伊是名の会は東京を拠点として、伝統的な 琉球舞踊をベースに沖縄・奄美の魅力的な 舞踊を国内外に紹介しているグループです
  • 体験レッスンのお申込み
  • 出演依頼 その他お問い合わせ

友の会

友の会

「伊是名友の会」とは、伊是名の会の舞台が大好きな人たちが集う「伊是名の会」の後援会組織です!

友の会へのお誘い

沖縄・奄美の舞踊を通じ、南島の伝統芸能の継承・普及・発展に取り組んでいる伊是名の会。その素晴らしい活動と情熱に賛同し、1996年2月に結成されました。
毎年恒例の新年会では、メンバーが和服姿でお出迎え。会員様限定の懇親会で、舞台では遠い距離のメンバーも、近くでお話すると愉快で楽しくって「こんな人だったの?」なんて発見がいっぱい。 貴方も友の会に入って、伊是名の会を応援しませんか?

入会について

会費
年会費2,000円(入会金なし)
入会方法
問合せメールフォームより、「入会希望」と明記の上、ご連絡先(氏名、電話番号、ご住所、メールアドレス)をご連絡ください。
特典
  • 定期公演のお知らせを一般の方より先にご案内し、割引料金にて提供します。
  • メンバーの紹介や、イベント活動など伊是名の会の情報を盛りだくさんに掲載した会員向け会報を発行します。
  • 年に一度ファンの集いを開催し、メンバーと友の会々員との楽しい交流の場としています。

伊是名友の会々長 右田 昭進

伊是名友の会々長 右田 昭進

奄美生まれの東京育ち。
琉球舞踊の基本と伝統を踏まえながら、「ワイド節」や「花」など沖縄や奄美の新しい"島うた"の創作舞踊にも挑戦しているのがこの会の特色で、東京を拠点に全国各地のイベントで道の島の舞踊を紹介しています。

会の名は、会を創流した初代伊是名朝献に由来します。首里の王府から、"ゆりまわし"(離島巡業)で名瀬に住み着き、奄美各地で沖縄芝居を紹介したのが、会主の祖父・伊是名朝献でした。戦後の不安と絶望の中、沖縄芝居の興行主あるいは自ら舞台に立つ役者として当時の人々に生きる希望と勇気を与えました。

とりわけ「三熊」という役柄が大当たり、芝居小屋は連日満員。その後、名瀬市の市会議員を10年間務めました。
その朝献の芸能魂を継いだのが父・謙志でした。昭和24年舞踊研究所を開設し奄美舞踊界の草分けとなります。
伝統的な琉球舞踊をはじめ、民舞・日舞を指導して数多くの門下生を輩出、特に奄美の踊りの独自性を見い出し、 八月踊りの手法を取り入れるなどし、奄美の民族芸能の確立に大きく貢献しました。


伊是名の会の会主 原口このみ

伊是名の会の会主 原口このみ

上記の環境の下、伊是名の会の会主原口このみは、3歳から踊りを始めます。
琉球大学の在学中に琉球舞踊の見聞を深め、84年に結婚して上京。88年に伊是名の会を結成。

発足以来着実な歩みを見せ定期公演では毎回満杯の観客を動員しています。ファン層も広く創作舞踊を通して沖縄や奄美の芸能文化を本土向けに発信している彼女達のすばらしい熱意に共鳴して、友の会も2年前に発足しました。
独創的な発想と鋭ぎすまされた感性で表現する創作舞踊には定評があります。

古典の静あり、新作の動あり多彩で楽しいステージですので何卒、ご期待ご鑑賞賜りますようお願い申し上げます。


tel:042-556-9337